さてさて・・・

月曜日にKと会った。
仕事途中だったけど、営業が落ち着いたので、直帰することにした。
ふとKにメール。。。

「今日、疲れちゃったので、直帰しちゃいま~す。
 Kはもう終わりかな?俺は銀座でこれから打合せだよ」

Kからこんなメール。
「お疲れ様です。銀座なんですか~?
 もう終わりなんですよね?お茶するくらいしか時間ないですけど、
 銀座まで行きましょうか~?」

嬉しかった(^^♪
Nと別れてから、久しぶりの「ヤッホォ~^m^」

打合せが終わった頃にKは銀座に着いた。
銀座4丁目交差点の喫茶店でお茶。。。。
ひたすら喋る、笑う、ふてくされる・・・・。

そんな何でもない男女の会話が、傷ついた心を癒してくれる。
タバコを吸うことすらままならない。
Kとは出会ってからもう10年になる。
学生時代は学校では喋るものの、外で会うこともなかった。
卒業してからも、メールは時々するけど、二人きりで会うことはほとんどなかった。

ここ数週間。。。Kとの会話、電話、メールが一番多い。
俺が今、誰を求めているのかが良く分かる。

Nと別れてから、Nに対して与えていた愛情を分散させた。
Nといた頃は、N以外の女に対してメールを送っても、1日数通。

ところが、Nと別れた瞬間に、他の女に対してのメールが1日平均25通。。。
あ、送信メールの数です。
でも、まだ愛し足りない。

俺ってホント何者だろう。。。。
どれだけNに対し愛情を注いでたのか、
別れたことによるショックで倍増しているにしても、
俺の淋しさの量はすごいんだなぁ。。。って、改めてNへの愛情を
変なところで実感してしまった。

話し戻って・・・
Kとお茶した帰り、電車に乗って、途中の駅まで一緒に行った。
ホームで電車を待っている時。
ふとバイバイしてしまう淋しさと、テーブルで遮られていた距離が縮まったことで
Kが愛おしく感じ、左側にいるKの足を左手でトントン・・・って軽く叩いた。

Kは俺を見ながらも、俺の左手を、Kの右手で軽く握った。
Kの温もりが、左手から体中に溢れてくる。
Nによって開けられた大きな穴が一瞬小さく感じた。

10年間友達だったKが、友達じゃなくなった瞬間。
温もりが俺の顔をも赤く染めた。

そのまま電車に乗り込むと、ほんの十数分・・・。
短いようで長かった電車の中は、普段より暖房が暑かった。

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

でも、Kは友達。
ほんのちょっと、親しい友達。

相手の家庭をどうこうするつもりはないし、
俺は元に戻れれば、きっと大丈夫。

でも、もう少しだけ、俺に温もりを与え続けていてください。

実は、明日、Kと二人で午後半休を取って、お台場にデートしてきます。
たまたま仕事が少ないこの時期に、そんな話が出たんです。

明日はブログ書けるかな?
また改めてご報告します<(_ _)>

この記事へのコメント

2005年11月09日 12:29
やっぱり淋しい気持ちがkonchanをそうさせてしまうんでしょうね・・。
ふと、また始まってしまうような気がしました。
大丈夫かなあ?
琥珀、なんだか心配ですね・・・。
でも、せっかくのデート楽しんでくださいね~☆
結果報告待ってます☆
カノン
2005年11月09日 15:42
konchan、今頃デート中だろうね。
頭でこれ以上踏み込んではいけないと思うけど、琥珀さんの言うよう淋しさを癒してほしいんだよね。知り合いとはいえ男と女、通じ合うものもあるだろうし・・・
電車を待つ2人。
キュンとしちゃった。これは恋の始まりかも?って。
なんだか羨ましいな。


2005年11月10日 00:19
琥珀&カノンさんへ♪
いつもコメントありがとうね。
二人に心配&応援してもらって非常に感謝です。
ありがとう。
確かに淋しさが多いのは事実。
自分でも自分を客観的に見れてない部分が
あるかもしれないので、
アドバイスお願いしますね。
デートのご報告は今日のブログで。。。

この記事へのトラックバック